インターネットのブラウザーとは

ウェブを表示させるのに必要なソフトが、インターネットブラウザーというものです。
一般家庭に普及しているパソコンはWindowsとMacに、スマートフォン・タブレットはAndroidとiOSに大きく二分されています。
パソコンには標準搭載されているブラウザーがあり、WindowsにはInternet ExplorerがMacにはSafariが搭載されています。
しかし、他にもブラウザーは乱立しており、「果たして何が違うのだろうか?」と疑問に思う方もいるでしょう。

■操作性の違い
パソコン・スマートフォン・タブレットを購入すると、標準搭載をされているブラウザーがあるのでそのまま使用している方も多いかもしれません。
主要のブラウザーと呼ばれるものは5つあり、Internet Explorer・Safariの他にはMozilla Firefox・Google Chrome・Operaが幅広く知られています。
どれもメリットとデメリットがありますが、読み込み時間の速さや軽快な動作ができるブラウザーへの人気が集中しています。

■カスタマイズの時代へ
単なるウェブ表示ソフトであったブラウザーですが、それぞれに特徴が異なります。
Mozilla Firefox・Google Chromeは、動作のしやすさに加えて拡張機能が整っているので人気が集中しています。
カスタマイズがしやすいブラウザーは、どのデバイスにおいても操作が楽になるために利用者が増え続けています。

インターネットを利用して何をするのかでブラウザーの選び方も変わるので、標準搭載されているブラウザー以外の使用もしてみてください。
今までストレスになっていた部分が、快適に感じることもあるかもしれません。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 意外と知られていないインターネットの歴史 All Rights Reserved.