意外と知られていないインターネットの歴史 TOP

このサイトについて

一人一台以上のスマートフォン・携帯電話の普及により、インターネットは生活になくてはならないものとなっています。
しかし、意外とインターネットの歴史について知らない方は多いのではないでしょうか。

■海外から発展したインターネット
インターネットの歴史は古く、コンピューターの発展が始まった1950年代には基盤ができ上がりました。
1967年には米国防総省高等研究計画局(ARPA)によって世界初のパケット通信ネットワークが始まり、「ARPANET」として発展していきました。

■日本のインターネット
1967年に始まったインターネットですが、日本では1974年に東京大学と京都大学を結ぶインターネット接続「N-1ネットワーク」が開始されたのが始まりです。
しかし、コンピューター自体が大きかったこととネットワークの確立がされていなかったので、家庭用に使用されることはありませんでした。

■日本での一般家庭への普及
企業や大学では運用されていたインターネットですが、一般家庭への普及が始まったのは1990年代に入ってからでした。
日本での普及は「インターネット元年」とも言われている1995年で、阪神・淡路大震災でのインターネットの活躍により利用者が増えました。

しかし、インターネットの接続は従量課金制であったため、一家に一台とまではいかない現状がありました。
急速に普及していったのは、2000年以降の高速で常時接続が可能なブロードバンドがスタートしてからです。
この頃には携帯電話が一気に普及し、携帯電話からのインターネット接続も始まりました。

始まりは古いインターネットですが、生活に根付き始めたのは10年ほどの間なのです。
多くの課題が取り沙汰されていますが、人間がインターネットに破壊されないようにうまく付き合っていくしかありません。

    意外と知られていないインターネットの歴史

    おすすめ情報

    こだわりや自社商材のイメージに合ったデザインを提案してくれる楽天ショップの制作会社を探しているなら、販売方法や広告、企画等のご提案、それに沿った制作と企画までの一連の運営代行サポートを得意としているのでオススメです。
    Copyright(C) 意外と知られていないインターネットの歴史 All Rights Reserved.